文字起こし技能テストの受験方法

在宅でできる副業として人気の「文字起こし」。

自分の文字起こしのレベルを証明できる技能テストの申し込み・受験方法についてまとめました。

つっちー
つっちー

スキルを証明して、仕事を受注しやすくしましょう!

文字起こしの知識・技術を点数化することで明確に自分のレベルがわかる文字起こし技能テスト。

850点以上獲得することが出来れば、エキスパートとして認められ、専門会社のトライアルを受験することもできます。

文字起こし技能テストについては

合わせて読みたい

でくわしく説明してますよ!

目次

文字起こし技能テストの日程は?

年2回、5月と11月に行われます。

日程としては、1日で知識編・実技編が行われます。

申し込み方法

文字起こし技能テスト公式サイトから申し込みをします。

申し込み期間は大体4か月~1か月前までなので、忘れずに申し込みましょう!

受験代は¥5,000(税抜)

支払いは

・クレジットカード決済
・コンビニ決済
・ゆうちょ銀行振り込み

のいずれかです。

納入〆切は申込期間最終日となっているので、コンビニ決済・振り込みを選択した方は忘れずに!

試験当日の流れ


試験日前日~試験日のスケジュールは下記のとおりです。

試験までのスケジュール
  • 試験前日まで
    各ファイルのダウンロード

    試験で使用するファイルのダウンロード先がメールで通知されるので、ダウンロードしておきましょう。
    分かりやすいよう、デスクトップがおススメです。

    ただし、パスワードがかかっているので開くことはできません

  • 当日10:30
    知識編のパスワードを受信

    「知識編」のパスワードがウェブサイトに掲示・メールで届きます。

    パスワード入力して準備しましょう。

  • 当日10:40
    試験編のテスト開始

    知識編は約20問程度が出題されます。

    一度文書作成ソフト(Wordやテキストファイル)に入力し、それをコピペする方法にするとネット回線に不調があった際に楽!

  • 当日11:15
    知識編解答を送信

    時間内に回答を送信しましょう。

    時間を過ぎてしまうと得点に反映されなくなります。

    このあと、11時30分まで15分間の休憩。

    トイレにいくなど、実技編に備えましょう。

  • 当日11:30
    実技編のパスワードを受信

    「知識編」のパスワードがウェブサイトに掲示・メールで届きます。

    パスワード入力して準備しましょう。

  • 当日11:40
    試験編のテスト開始

    問題の音声は4分45秒~5分15秒で、30分でどれだけ起こせるかです。

    チェックポイントが決められていますが、

    ・全体的な起こし方
    ・段落替えのバランス

    なども採点内容に含まれているため気を抜かず起こしましょう!

  • 当日12:15
    実技編解答を送信

    時間内に回答を送信しましょう。

    時間を過ぎてしまうと得点に反映されなくなります。

  • 試験1か月後
    結果が届く

    メールまたは郵送にて

    ・採点結果
    ・解答と解説
    ・試験結果証明書

    が届きます。

受験するためには、自宅でのネット環境が必須となります。

当日ネット回線に不備が起こらないよう注意しておきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる