文字起こし技能テストとは?

資格取得

録音された音声や動画から文字化する「文字起こし」。

在宅で受注できる副業としても人気です。

ただし、人気の分受注するためにはアピールする必要があります。

文字起こし技能テストを受験して自分の力をアピールしましょう!

この記事では、「文字起こし技能テスト」の内容・メリット・必要なものについてまとめています。

スポンサーリンク

文字起こし技能テストとは

会議や講演会、取材、動画などの録音・録画された音声を文字化する

「技能」を評価するテストです。

文字起こし技能テストの内容

受験料 :5500円
開催時期:5月・11月
受験資格:なし
受験場所:自宅(会社や学校でも可能)

出題や解答の送付はネット上で行われるため、ネット回線が必須。

知識(500点満点)
実技(500点満点)

のスコア制。

目安は

400点:初心者
600点:基礎を理解
900点:文字起こしのプロ!

プロとなれば専門会社のスタッフ登録に胸を張ってチャレンジできるレベルです。

※クラウドソーシングで文字起こしを受注する場合には必要ありませんが、
あれば自分の実力を示せます。

文字起こし技能テストのメリット

・レベルの証明
・文字入力が早くなる

文字起こし技能テストに必要なもの

技能テストを受験すると決めた時にまず必須なものはこの3つ。

・ネットにつながるパソコン
・公式テキスト
・記者ハンドブック

文字起こし技能テスト 公式テキスト

・試験の概要
・文字起こしについて
・テスト(知識、実技)
・実例
・模擬試験

この1冊でも文字起こし技能テストの概要や練習、対策などがまとまっています。

試験を受けずとも、文字起こしについて学びたいなら買うべき必読の1冊

記者ハンドブック

テストは新聞表記、または速記表記のどちらかを選択して受験します。

どちらも大きくルールが異なるわけではないですが、その表記に基づいて

解答するため必ず手元に置いておきましょう。

記者ハンドブックは新聞表記を具体的に表示。

速記表記のテキストは『標準用字用例辞典』。
こちらは日本速記協会のHPから注文です。

そのほかにも、受験する際に準備したいものがあります。

文字起こし技能テストは自宅のパソコンで受験するために、下記のものが必要です

ヘッドフォン

イヤホンでは長時間文字起こしをしていると耳が痛くなります。

そして重要なのが周囲の音をシャットアウトすること。

有線だとコードが服に擦ってのノイズも発生するので

Bluetoothが良いですよ!

スキルがなくてもパソコンがあればどこでもできる「文字起こし」は、

副業・在宅ワークとして人気があります。

しかし、その分受注するためには自分の力量をアピールしなければなりません。

文字起こし技能テストを受験して、他の人と差をつけましょう!