【切り絵の始め方】切ってみましょう!

切り絵

切り絵は簡単に始めることができます。

・切りたい絵
・カッター
・カッター板
・黒い紙
を用意するだけ!
道具については↑の記事をどうぞ。
スポンサーリンク

切り絵の始め方

切り絵の始めるときの大まかなやり方は次のとおりです。

1.下絵の準備
2.下絵の固定
3.切り抜き
4.台紙に貼り付け
5.完成!

1.下絵の準備

切りたい絵は見つかりましたか?好きな絵、画像、書いた絵なんでもかまいません。

もしもなければ、自分で紙に文字を書いてそれを切り絵にしてみてもおもしろいですよ。

(検索で「切り絵 図案」と調べてみると、多くの画像がでてきます。

フリーで素敵な素材が多いので、ぜひ利用してみてください)

今回、上の画像を使いますが、この素敵な猫ちゃん画像もフリー素材ですよ♪

2.下絵の固定

まずはカッター板に黒い紙を固定します。マスキングテープだと最後にはずしやすいです。

カッター板に黒い紙を固定

つぎに、下絵を合わせて固定します。

黒い紙の上に下絵を合わせて固定

なるべく、四隅がずれないように注意しましょう。

3.切り抜き

ここから、切り絵の醍醐味である切り抜き開始です!

最初に切り抜くところ

細かい場所から切り抜くようにしましょう。

先に大きい範囲を切り抜いてしまうと、後半辛くなります。

※紙の強度が落ちているため。

切り抜きが進んだら、マスキングテープで止める

切り抜きが大分進んできたら、マスキングテープなどで押さえながら続けると

ズレ&ちぎれることを防ぐことができます。

しかし、完璧に防ぐことはできません。

切り抜き中も、「ちぎれた」「切り過ぎた」といったことがありますが、それも作品の「味」となります。

気にせずどんどん作業を進めましょう。

4.台紙に貼り付け

完成した切り絵

切り抜き作業が終了したら、マスキングテープをはずしていきます。破れないように注意です。

はがし終わったら、完成ですが、ここでは作品を保存するために台紙に貼りつけます。

作品を裏にして、のりをつけ、台紙に張ります。台紙は何でもOK!

私はコピー用紙に張り付けています。

必ず裏面にのりをつけましょう!せっかくの作品が反転してしまいます。

5.完成!

台紙に張り付けて完成

ついに完成です!

一枚の紙から作品をつくる切り絵がだんだん楽しくなってきましたよね?

どんどんと作品を作っていきましょう♪