whooでオフ会や趣味で使える名刺を作ろう!料金や評判は?

Life

・会社のものじゃなくて趣味で使える自分の名刺が欲しい
・お洒落なデザインの名刺が欲しい

そんな方には「whoo」がおススメです!

whooとは?

whooとは、名刺作成サービスです。

 

whooの特徴

・オシャレなデザインが豊富
・3つのサイズがある
といった特徴があります。

オシャレなデザインが豊富

whooでは、世界中のデザイナーがデザインしたテンプレートを使用して名刺を作ることができます。

whoo デザイン一例

 

デザインが50種類以上

写真をメインにできるもの、QRコードを入れれるものなど

デザインごとにサイズを選ぶことができます

 

お気に入りのデザインを探すのが楽しいですよ。

3つのサイズがある

選べる3サイズ

whooでは、JAPAN(スタンダード)・CUBE・MINIといった3サイズを選べます。

(JAPANは、一般的な名刺サイズ)

 

JAPAN(一般的な名刺サイズ)
JAPANサイズ 写真
一般的な名刺サイズです。
厚みのある高品質な紙が厳選されて使用されているので、ランク上の名刺を作成することができます。
CUBE
CUBE
6cm×6cmという手のひらサイズ。
遊びゴコロ溢れるデザインです。
MINI
MINI
厳選した必要な情報だけを入れることができる小さめサイズ。
持ち運びに便利です。

whooの料金は?

スタイルごとに価格が変わってきます。

スタイル価格(20枚~)特徴
スタンダード¥3,350~whooの標準スタイル
高品質な紙が使用されています
Cube(キューブ)¥3,550~手のひらになじむ60mm×60mmサイズ
MINI(ミニ)¥3,350~28mm×70mmで、カジュアルなイメージ
color(カラー)¥7,080~白紙とカラフルな紙をサンドし、積み重ねたときなど横から見た時がとてもカラフルです
Haku(箔)¥8,080~立体的で上質な光沢。
Clear(クリア)¥6,080~贅沢な艶と洗練された透明感。
Kraft(クラフト)¥5,180~古紙から生まれた風合いが温もりを感じるデザイン。
Neon(ネオン)¥5,380~鮮やかな色彩がひと際目を引きます。
Dark(ダーク)¥5,660~重厚なデザインが目を引くデザイン。
Pics(ピクス)¥5,340~(50枚)1つのデザインに最大50種類の写真を使用でき、
アルバムやプレゼントとしても楽しむことができます。

基本的に最小ロットが20枚~ですが、Pics(ピクス)のみ50枚からとなります。

オシャレな名刺を簡単作成!カスタムデザイン名刺【whoo】

whooの評判は?

whooの名刺は、質重視でお洒落と口コミも上々です!

whooのメリット・デメリット

メリット

・多彩なデザイン
・テンプレート化されているので、簡単に作成できる
やはり、whooでのメリットは「デザイン性」です。
オシャレなデザインはもちろんのこと、サイズも3種類あるので個性的なものが作れます。
作成時は、テンプレート化されているものに必要な情報を入力するだけでオリジナルの名刺を簡単につくることができます。

デメリット

・若干高めの価格
・片面の名刺は作れない

whooは、最短枚数20枚から作れる分価格が3,000円台~と高め設定です。

しかし、デザイン性や用紙が高品質であることを考えると妥当な価格だといえます。

 

品質を先に確認したい方はカスタムデザイン名刺【whoo】で、無料でサンプルをもらうことができます。

また、デザインはすべて両面のものとなっているため、シンプルな片面のみの名刺がほしい方はwhooは向いていないかもしれません。

まとめ

最後に、whooの名刺が向いている人をまとめておきます。

おススメしたい人・向いている人は

・オシャレで洗練された、個性的な名刺がほしい人
安さや、多くの人に配るようなビジネス用名刺を求めている方には向いていないです。
オフ会や趣味でのつながりに使える名刺としてはカスタムデザイン名刺【whoo】がイチオシです。
ぜひ参考にしてみてくださいね!

コメント