【実体験】ワイヤレスイヤホン初心者にピッタリ!1万円以下のおすすめワイヤレスイヤホン

持ち運びながら音楽を聴けるSONYのWALKMAN。

折角なら、外でもいい音でストレスフリーで楽しみたいですよね?

しかし、SONYのワイヤレスはお値段的にちょっと…高い。

どれも1万円は超えます。

WALKMAN本体が良いお値段なので、イヤホンまで同時に買うのはなかなかの出費。

この記事では、私が実際に購入したコスパのいいワイヤレスイヤホンを紹介します。

この記事のポイント
  • SONYの純正ワイヤレスイヤホン(1万円以下)
  • 実際に使用した感想
つっちー

コレ!

目次

なぜ購入したか?

ずばり、値段です。

SONYのイヤホンは音が良いと評判ですが、1万円を超えるものがほとんど。

ワイヤレスイヤホンを買うのは初めてだったので、

使いこなせるか不安でした。

…が、電源もボタン1つ、

Bluetoothでの接続もボタン1つ。

つっちー

かんたんでした!

イヤホンの同封物

注文してから3日程度。

箱から取り出すと、こんなパッケージでした。

イヤホンパッケージ 前面

色はこの赤の他、黒、白の3色です。

手持ちのWALKMANがオレンジレッドなので、色を合わせるために赤を購入。

同封されているのは、

  • 本体
  • イヤホン
  • イヤーピース(サイズS/L)
  • USBケーブル(充電用)
  • 説明書
  • 保証書
イヤホン内容

本体

本体 表
本体 裏

表にはボタンが1つ。

これで電源のオンオフや、Bluetoothの接続を行います。

裏はクリップ式になっているので、服に留めやすいです。

本体 右
本体 左

充電時にUSBと接続するジャック。

そして曲の早送り・巻き戻しとボリュームボタン。

さらにこのワイヤレスの特徴であるノイズキャンセリング機能のスイッチがついています。

イヤホン

イヤホン

右左が識別できるようにLRが書かれています。

イヤーピース(サイズS/L)

替えのイヤーピース

購入時にはMサイズが装着されています。

フィットしないと感じたら付属のイヤーピースに付け替えましょう♪

因みに、LLサイズは別売り。

USBケーブル(充電用)

USBケーブル

マイクロUSBケーブルです。

充電は約2.5時間程度。

実際に購入してみた感想

つっちー

買って正解!

コスパが良すぎです。

1万円を大幅に切る価格で、ノイズキャンセリング機能があるというのはコレって感じです。

完全ワイヤレスではないのでコードはありますが、

その分、片耳だけイヤホンを落とすなどという心配は皆無で、

安心して外出先にもつけていけるという安心感!

ワイヤレスイヤホン初心者で、何を買って良いのか迷っている人には

おススメのイヤホンです。

この記事を書いた人
つっちー
  • 北海道在住の30代
  • 13種類の資格保持者(資格コレクター)
  • ピンズコレクター
  • 北海道道の駅制覇(128カ所)

つっちー(@pinswith)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる