ご当地ピンズ(アメリカ‐ニューヨーク)の話

ピンズ

こんにちは、つっちーです。

今回もかっこいいピンズをご紹介します!

スポンサーリンク

ご当地ピンズ(ニューヨーク)

※ご当地ピンズの意味は「ご当地ピンズ(博多・福岡)の話」で紹介していますので、ぜひこちらも参考にしてください。

いやぁ、かっこいい。左から順に

自由の女神

国旗

聖火(自由の女神の右手)

エンパイアステートビル

の4つのシンボルが、摩天楼からぶら下がっています。

平面でしかお見せできないのが残念ですが、チャラチャラと揺れて綺麗なんです。

グラフ

グラフにしてみました!

価格☆☆☆☆☆友達からのもらい物です。
デザイン★★★★★おしゃれ!
レア度★★★★☆ニューヨークまで行かないと入手できません…
お気に入り★★★★★思い出+デザインでとても気に入ってます。
思い出★★★★☆卒業旅行のお土産です!いいな~ニューヨーク!

4つのシンボル

自由の女神

言わずと知れたニューヨーク、アメリカのシンボルです。

あまり知られていませんが、正式名称は「世界を照らす自由」です。

アメリカ独立100周年を記念して、独立を支援したフランス人の募金によって1886年に完成しました。1984年、世界遺産に登録されました。

国旗

50の星は州を、13の紅白のライン(条)は独立時の州の数を表しています。

星と条でできていることから星条旗と呼ばれているのです。

聖火

純金で形作られた炎を擁するたいまつです。

エンパイアステートビル

マンハッタンにある超高層ビルです。「エンパイア・ステート」とは「帝国州」の意味であり、ニューヨークの異称です。

当時の世界一高いビルであったクライスラー・ビルディングから称号を奪うために急ピッチで建造が進められ、1972年にワールドトレードセンターのノースタワーが竣工されるまでの42年間、「世界一高いビル」の称号を守り続けました。

その後、テロ事件の悲劇後には「ニューヨークで最も高いビル」となりました。

海外のピンズ事情

このピンズは、私がニューヨークで買ったものではなくお土産でいただきました。

日本よりは海外の方がピンズ文化が盛んであり、なんとピンズだけのお店があるんです!

いずれ、ピンズを購入する旅行、

「ピンズツアー」に出かけることが夢です。

いつになるかな~

その日を夢見ながら、それではまた!