初めて買ったピンズの話

スタート 小説
スタート

こんにちは!つっちーです。

今では500個を数えるピンズたちですが、何事にもやっぱり最初がありまして。

今回は初めて購入したピンズについて書きたいと思います。

一番の思い出の品です。

スポンサーリンク

ピンズの思い出

「プロフィール」にもあるように、収集癖があります。

子供のころはポケモン人形、遊戯王カードをはじめとしていろんなものを集めていました。

大人になるにつれて、置き場所に困ったりして集めたものを売ったりして処分していたんですが、なんだか心がぽっかりしてしまい…。

そんなとき、大学生のころ友人と買い物に行った時の雑貨店で

最初のピンズ

最初のピンズ

上のピンズが飾られていまして。

正直、そのときまでピンズそのものの存在すら知らなかったんですが、

何故かすごく欲しい!って思って思ったんですよね。「これ集めたい!」って。

今思えば、すごい出会いです。

その雑貨店に行かなければ、ピンズのことは未だに知らないままだったかもしれない。

そう考えると、運命の出会いだったのかも!なんて思ったりします。

今回のピンズの魅力

結婚してはいませんが、書かれている

「married but not DEAD yet」にすごく惹かれました(笑)

笑えない方もいらっしゃると思いますが、「結婚後」の生活が見えてきますよね。

ブラックジョーク、大好きです。

ピンズグラフ

今回のピンズについて、グラフで表してみました。

価格★★☆☆☆確か200円台。
デザイン★★★★☆色見が、内容を表してますよね(笑)
レア度★☆☆☆☆市販されています。
お気に入り★★★☆☆ブラックユーモア大好物(笑)
思い出★★★★★初めて買ったので、繊細に覚えています。

ピンズから学んだこと

初めてピンズを購入したのが20歳の時でした。

それから早12年¨

買い物に出かけてはピンズを探す

観光地に行ってもピンズを探す

野球を観戦しに行ってもピンズを購入

メルカリを見てもピンズを探す

そんな生活を送っています(笑)

もちろん他にも資格取得の勉強をしたり、遊んだり、本を読んだり、ゲームしたり、映画見たりして過ごしています。

半分以上は遊んでる…

遊びも大事。

 

ピンズ集めの楽しさ

もともと、とてもインドア派で出不精でした。外に出て人ごみに紛れるのは嫌です。今でもそれは変わりません。

それでも、「ピンズを集める」という趣味を見つけたことで、外出の際のモチベーションを上げることができました。

「ピンズを探す」という目的ができたことで外出が苦ではなくなって、

「どんなピンズがあるだろう?」

「どんなデザインだろう?」

と、楽しみに出かけることが増えました。

ピンズは売り手(制作)側がデザインにメッセージを込めています。

ピンズは大きくても3cm×3cm程度。小さいカタチの中に込められたメッセージを読み取るのが楽しいです。

少しでもピンズの魅力が伝わるように頑張ります~

コメント