初心者向け BackWPupでブログのバックアップを取りましょう!

バックアップってしなきゃダメなの?

つっちー

何かあってからじゃ遅い!

ブログのバックアップ、とっていますか??

  • 「バックアップはとらなくてもいい」
  • 「定期的にするのが面倒」

そんな風に考えているなら、間違いです!特にブログを始めたばかりの初心者さん!

私の実体験からですが…

つっちー

バックアップはとりましょう! 

目次

ブログのバックアップの方法

WordPressを使っている場合

基本的に、【不要】です。

WordPressでブログを書いている人はレンタルサーバーを使用していますよね?

おそらく、多くの方が「エックスサーバー」」「Mixhost」を利用されていると思いますが、

全プログラム標準で

上記のサーバーでは毎日自動バックアップの機能がついています。

つっちー

なんてすばらしい!

一定期間保存されているため、慌てる必要はありません。

復元の必要があればサーバーパネルから復元してください。

1クリックで復元終了です。

上記以外のレンタルサーバーでも申し込むことでバックアップ機能を申し込むことが可能です。

プラグインでバックアップする方法

つっちー

BackWPup」を使います。

BackWPupの使い方

  1. BackWPup」を使います。
  2. WordPressの管理画面左側に「BackWPup」の中に「新規ジョブの追加」とあるのでクリック

③さまざまな設定になりますが、基本はデフォルトでOKです。

ジョブの開始方法は、「手動」よりは「Wordpressのcron」がおススメ

下にあるスケジューラーで設定した日程で自動的にバックアップをとってくれます。

毎日更新している方は毎日のほうが安心できますが、

下書きを進めた時など、手動でバックアップを取れますので、ここは毎週でもOK!

最後に変更を保存を押して設定は終了です。

バックアップをとるタイミング

  • テーマやプラグインの更新の前
  • CSSを編集する前
  • WordPressのバージョンアップ時
つっちー

特にプラグインを入れた時とWordPressの更新時!

私は、プラグイン「Contact form」の更新を押したら…

Cocoonの設定画面が消えました(泣)

色々設定をいじりましたが、最終的にサーバーのバックアップで助かりました。

しかし、投稿した2記事と下書きが台無しに…。

そしてせっかくカスタマイズしたCSSもパー。

記事を書くにも、CSSにもかなり時間をかけていたのでかなりショックでした。

どうか、こんな状態に陥らないためにも必ずバックアップはとりましょう!

この記事を書いた人
つっちー
  • 北海道在住の30代
  • 13種類の資格保持者(資格コレクター)
  • ピンズコレクター
  • 北海道道の駅制覇(128カ所)

つっちー(@pinswith)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる