アイキャッチ画像って…作らなきゃダメ!?メリットはあるの?

アイキャッチ画像? メリットは?

アイキャッチ画像って…何?
作った方がいいの?

つっちー

必須!

この記事では、ブログ記事におけるアイキャッチ画像の意味と重要性について書いています。

目次

アイキャッチ画像とは?

この記事で言えば、最初に出てきたこの画像。

アイキャッチ画像? メリットは?
この記事のアイキャッチ画像。

現代は情報が溢れています。

そのため、読者は文字よりも画像を読む傾向にあります。

日本よりもネット社会が進んでいる中国では、ほぼ画像しか見ていないとも言われており

日本もそうなっていくでしょう。

と、なればまずは画像で読者を惹きつける必要があるのです。

アイキャッチ画像 3つのメリット

説明したように、読者はまず画像に目がいきます。

そこで、優れたアイキャッチ画像を作ることで自分の記事が読まれる可能性が高まります。

  • クリック率の向上
  • SNSや画像検索からの流入が増える
  • サイトの滞在時間が長くなる

クリック率の向上

アイキャッチ画像の最大の特徴は、「目立つ」ということです。

目立つことにより、記事の存在を際立たせています。

アイキャッチ画像があるのとないのとでは、視覚的に違いがかなりあります。

アイキャッチ画像なし
アイキャッチ画像なし
アイキャッチ画像あり
アイキャッチ画像あり

どうでしょうか?
かなり違いますよね?イメージもわきやすく、クリック率が向上すると思いませんか?

SNSや画像検索からの流入が増える

これはTwitterでの記事を紹介したときのツイート。

SNSではタイトルと共にアイキャッチ画像が表示されます。

タイトルだけよりも、画像もともにが表示された方が目立つ=クリック率が上がります

サイトの滞在時間が長くなる

クリック率が上がるということは、そのまま「離脱率の低下=滞在時間が長くなる」ということです。

1つの記事を読んだ後、アイキャッチ画像に引き付けられまた別の記事を読む

ということが起こり得るんです。

アイキャッチ画像 まとめ

アイキャッチとは、

記事に興味をもらってもらうための画像です。作成することで

  • クリック率の向上
  • SNSや画像検索からの流入が増える
  • サイトの滞在時間が長くなる

といった3つのメリットがあります。

たかがアイキャッチ画像、と言わず、少し記事に画像を加えることでこんなにもメリットがあるなら

設定する価値があると思いませんか?

ぜひアイキャッチ画像を設定してあなたのブログの回遊率を上げていきましょう♪

この記事を書いた人
つっちー
  • 北海道在住の30代
  • 13種類の資格保持者(資格コレクター)
  • ピンズコレクター
  • 北海道道の駅制覇(128カ所)

つっちー(@pinswith)

アイキャッチ画像? メリットは?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる