『女子的生活』坂木司の感想

小説
スポンサーリンク

「女子的生活」のあらすじ

性別は男性だけれど、心は女性、好きになるのも女性というトランスジェンダーのみき。

アパレル会社で働きながらおしゃれなガールズライフを満喫中。ある日、ひょんなことから地元の同級生後藤と共同生活を送ることに…

モラハラ、セクハラ、マウンティング…日常に溢れるイライラをみきは「自己肯定力」をもって蹴散らしていく痛快ガールズストーリー!

2018年にはNHKで志尊淳さん主演でドラマ化されました!

「女子的生活」の著者 坂木司について

「青空の卵」でデビュー。著書に

・「ひきこもり探偵」シリーズ

・「ホリデー」シリーズ

・「和菓子のアン」シリーズ

・「二葉と隼人の事件簿」シリーズ

のシリーズ物のほか、「夜の光」「肉小説集」「鶏小説集」などがあります。

「女子的生活」の感想

とにかく面白かったです。

トランスジェンダーのみきが主人公ということで、複雑で重い話なのかと思いましたが、読んでみると口語体で書かれているのであっという間に読み終えました。

テンポのいい会話やストーリーのつながり、特に合コンでの女子の駆け引きがなんとも言えません(笑)

LGBT要素のある作品で、軽く読めて、だけど読後感が爽快

芯が強く、自分に自信をもって行動し、男子・女子それぞれの評価が厳しのに的を得ていて痛快です!

ドラマの原作となった小説

ドラマの原作となった本はこちらです!

 ドラマ化した「女子的生活」

志尊淳さん主演のドラマはこちら!

痛快であっという間に読み終わる!女子の本音が読める本です!

坂木司のおススメ本

短編集!肉×男を題材にしたくせになる6話は絶品!

ご賞味あれ!

コメント